キヤノン 中古モノクロコピー機(複合機) Satera MFシリーズの特徴

エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス
エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス
トップ中古モノクロコピー機(複合機)キヤノン 中古モノクロコピー機(複合機)Satera MFシリーズの特徴

コピー機キヤノン 中古モノクロコピー機(複合機)
Satera MFシリーズの特徴

低使用ユーザー向け

Satera MFシリーズ 1日あたりの印刷枚数が20〜30枚程度の方向け

Satera MFシリーズは、小規模オフィス向けのコピー機(複合機)です。1日あたりの印刷枚数が20〜30枚程度であれば、長くご利用頂けます。
数分に及ぶ連続印刷には弱く、1回あたりの印刷は、数枚〜数十枚程度に止めることが、製品を長持ちさせるコツです。

1日100枚以上の印刷なら、iR-ADVシリーズ

iR-ADVシリーズ 1日あたりの印刷枚数が100枚以上の方向け

1日あたり100枚以上の印刷がある場合は、中規模以上のオフィス向けに設計された耐久性の高いコピー機、iR-ADVシリーズがおすすめです。

【中規模オフィス向け】
キヤノン 中古モノクロコピー機

保守契約の必要なし

保守契約不要

コピー機は、毎月保守料金を支払う、カウンター保守契約(※)を結んで利用するイメージを持たれている方が多いと思います。
Satera MFシリーズの保守は、年間契約型のサービスとなっています。このことから、Satera MFシリーズは、年単位で見ても機械がストップするような故障が発生しない設計になっていることが分かります。

つまり、本製品を推奨印刷枚数(1日あたりの印刷枚数が20〜30枚程度)でご利用頂ければ、中古品でも保守契約の必要はありません。

参考情報:複合機(コピー機)の保守サービスとは? 契約内容や料金、注意点を総まとめ

トナー交換で印字品質がリフレッシュ

ドラム一体型トナーカートリッジ

Satera MFシリーズは、トナーを交換するだけで、印字品質が毎回元の良い状態に戻る大きな利点を備えた、ドラム一体型トナーカートリッジを採用しています。

ドラム一体型トナーカートリッジは、紙に文字を印字するときに必要な「トナー」と、印字品質を担保する「ドラム」という二つの消耗部品が一体となった製品です。

質の高いリサイクルトナーで、消耗品代を抑えられる

カートリッジ505

Satera MFシリーズのトナーは、「カートリッジ505」という型名です。
「カートリッジ505」のリサイクルトナーは、質が高い製品が多く、購入価格も安くなっています。

相場価格は、7,000〜10,000円前後であり、純正品と比べても、印字品質やトナーの量が大きく劣ることはありませんので安心です。

カートリッジ505(リサイクルトナー)

メーカー修理が可能

Satera MFシリーズは、スポット修理可能

Satera MFシリーズは、中古品でも、メーカーに故障時のみ修理依頼ができるスポット修理サービスの利用が可能です。

中古品の修理は、メーカーで受けてもらえないことも少なくない中で、このメリットは非常に大きいと言えます。

Satera MFシリーズ

お役立ち情報

canon Satera MF7430が中古でも人気の理由は?
canon(キヤノン) Satera MF7430が中古でも人気の理由は?価格や仕様、トナーのことまで徹底調査

canon(キヤノン)のA3モノクロレーザーコピー機(複合機)Satera MF7430は、中古品でも大人気です。仕様や価格から、使い続ける上で気になる消耗品のトナーカートリッジ、修理、保守点検に至るまで徹底調査。人気の理由を解明します。

ページを見る

Satera MF7455N canon(キヤノン)複合機(コピ―機)が人気の理由は、トナーにあり!
Satera MF7455N canon(キヤノン)複合機(コピ―機)が人気の理由は、トナーにあり!

canonのA3モノクロレーザー複合機(コピー機) Satera MF7455Nは、コピー、ファクスに加え、プリンター、スキャナーまで使える優秀な製品です。この記事では、人気のポイントはもちろん、購入価格や使い続ける上で気になる消耗品のトナーカートリッジ、保守点検の特徴や価格相場もご紹介します。

ページを見る

ページTOPへ