部品保有期間ってなに?カラーコピー機の修理が可能な期間とは。

エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス
エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス
トップコピー機インフォメーションコピー機の選び方部品保有期間ってなに?カラーコピー機の修理が可能な期間とは

部品保有期間ってなに?カラーコピー機の修理が可能な期間とは。

部品保有期間ってなに?カラーコピー機の修理が可能な期間とは。

長年コピーを使っていると、「用紙に白い線が入る」「前の印刷データが写りこむ」「紙詰まりが起こる」などなどトラブルが頻繁に起こってしまうかと思います。 保守契約で定期的なメンテナンスを受けていれば長い期間快適に使えますが、いつまでもという訳にはいきません。 コピー機の修理で良く聞くのが「部品保有期間の終了」という言葉です。

コピー機の内部を整備するイメージ

部品保有期間とは?

この『部品保有期間』とはメーカーが製品を修理できるように必要な部品を保有している期間の事でコピー機に関わらず、メーカーは様々な機器の保守、修理に必要な部品を保有していなくてはなりません。

部品保有期間は何年間?

コピー機の部品補修期間のイメージ

分野や機器によって異なりますが一般的にコピー機での保有期間は「製造終了から7年間」または「販売終了後5年間」 と言われています。
その期間はユーザーはメーカーに修理を依頼して対応してもらうことが可能です。
※メーカーや商品によって異なります。

中古コピー機の部品保有期間は?

ちろん中古コピー機も部品保有期間が適応されます。
コピー機の一般的な部品保有期間は「製造終了から7年間」または「販売終了後5年間」です。
ですが中古市場には古い機種から最新型の機種まで幅広く存在しているため、それぞれの製造、販売終了の時期が分かりにくくなっているのが実情です。

中古コピー機を整備するイメージ

部品保有期間が長い中古コピー機の選び方は?

中古コピー機においても、部品保有期間が長いコピー機は、現在メーカーから新品で発売中の機種です。
保有期間が「製造終了から7年間」または「販売終了後5年間」である為、購入時に新品で販売されているものであれば中古でも修理対応が可能となります。

例)2015年メーカーから新品で販売されているコピー機は、最低でもその時点から7年間または5年間の部品保有期間の対象になります。

コピー機の部品供給期間のイメージ

余白ばかりのコピーが2枚出来上がります。
な、なんだかもったいないような・・・?! でもどうしたら良いのかわからない!…

中古なら最新・現行型コピー機がお勧め。

激安の古いコピー機は万一の場合、修理が受けられない可能性があります。
そのため、しばらくして、また新しくコピー機を購入しなければならなくなり、結果、高くついてしまう可能性もあります。

・できるだけ長く使いたい
・部品保有期間が気になる
・修理対応が受けられなかった

といった方にこそ最新・現行型コピー機がお勧めです。 当店では中古でも部品保有期間が長い「最新・現行型」の中古コピー機を多数多数取り扱っております。 部品保有期間が長いというメリット以外にも使用枚数が少ない低カウンタ品が多いのも特徴です。

コピー機と合わせて使いたい。書類の保存に便利なお勧め商品

ラミネーター一覧
製本機一覧
エセルテ ソーテッドファイル
ページTOPへ