コピー機(複合機)、プリンター、輪転機の違いとは (コピー機インフォメーション)|オフィスハードウェア エーワン

エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス
エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス
トップコピー機インフォメーションコピー機の選び方コピー機(複合機)、プリンター、輪転機の違いとは

コピー機(複合機)、プリンター、輪転機の違いとは

無線LAN対応コピー機のメリット

コピー機(複合機)、プリンター、輪転機(印刷機)。
呼び名は違いますがどれも印刷するための機械です。しかし、それぞれ使える機能や特長は異なります。
導入する際にどれも同じと思って決めてしまうと使いたい機能が付いていなかった…ということにもなりかねません。
このページでは、各機械の特長の違いからそれぞれの長所や短所についてもご紹介いたします。

コピー機(複合機)について

コピー機(複合機)は大きく分けると一般家庭向けの小型モデルと業務用モデルの2つに分けられますが、ここでは業務用のコピー機(複合機)の特長についてご紹介します。
多くのオフィスで使われているコピー機は複写する機能だけでなくFAXやプリンターなどの機能も搭載した複合機能のモデルががほとんどです。

コピー機(複合機)の特長

コピー機(複合機)の長所と短所

コピー機(複合機)の長所
コピー(複写)機能以外にもファクス(FAX)、プリンター、スキャナーなどの機能が1台に集約でき、機器の管理運用コストを抑えたり、スペースの有効活用が可能です。
また、ネットワークで複数のパソコンと接続してコピー機を共用したり、受信したファクスやスキャンデータの共有も可能です。

コピー機(複合機)の短所
多機能であるため、印刷用途だけで考えると単一機能のレーザープリンターに比べ本体価格が割高です。
また、印刷費用では同一原稿の大量印刷については後述する輪転機に比べて高くなります。

プリンター(レーザープリンター)について

プリンターはコピー機に搭載されているプリント機能と同様でパソコンからの印刷を行う機械ですが、レーザー方式とインクジェット方式の2つのモデルに分けられます。
インクジェット式はレーザー方式に比べ画質が高く写真印刷用に一般の家庭向けのモデルがも数多く販売されています。
しかし画質が優れているものの、比べ印刷スピードは遅く、印刷コストも高いためオフィスではレーザー方式のプリンターが一般的に用いられています。

プリンター(レーザープリンター)の特長

プリンター(レーザープリンター)の長所と短所

プリンター(レーザープリンター)の長所
インクジェット方式に比べ低コストかつ高速でプリントでき、コピー機のプリンターとしての機能を有しています。
普通紙への印刷に関しては、インクジェット方式と比べると、読みやすく鮮明な印刷が可能なため、社内用の書類だけでなく領収書や納品書の印刷のような用途にも使用されます。

プリンター(レーザープリンター)の短所
多機能型のプリンターを除き原則、パソコンと接続して使う機器なので、プリンター単体として資料のコピー機能は持っていません。
ファクスやスキャナーなどの機能を後から追加することはできず、必要になった場合は別途購入することになります。
追加の導入コストもかかり、それぞれの設置場所も確保する必要があります。

輪転機(印刷機)について

輪転機(印刷機)とは、印刷したい原稿を製版(マスターと呼ばれる版を作ること)し、その版にインクをのせ、圧着させることで資料を複製し、高速で大量印刷を行う機械の事を指します。
毎分100枚以上の高速印刷が可能で、同一原稿印刷で大量に印刷した場合、1枚当たりの単価が非常に安く済みます。
そのため、不動産のチラシや自治会の案内、学校や塾などのプリントなど大量に配布する印刷物の作成に適しています。
しかし、コピー機やプリンターのようなフルカラーでは無く、1色または2色での印刷をするため、写真印刷やプレゼン用資料などの作成には不向きです。

印刷機の特長

輪転機(印刷機)の長所と短所

輪転機(印刷機)の長所
低コストで高速印刷ができるのが一番の長所です。
機種にもよりますが、1000枚以上の印刷した場合の一枚当たりの印刷コストは1円を切るほど低コストです。
※用紙代は除く

輪転機(印刷機)の短所
1色、または2色刷りで、フルカラーでの印刷が出来ないため、写真やイラストが多い書類の印刷には適していません。
また、コピー機(複合機)よりも本体サイズが大きい機種が多く、設置場所もそれなりに必要となります。
機械の特長からいって一般的なオフィスでコピー機代わりに使うことは現実的ではありません。

まとめ

コピー機(複合機)、プリンター、輪転機(印刷機)いずれも印刷ができる機械であることは変わりありませんが、特長や性能が異なります。
呼び名が似ていますが、機器の選択を誤ってしまうと必要な機能が使えなかったということにもなりますので注意が必要です。
単一機能のプリンターや輪転機は機能が限定的であるため、機器本来の使用目的がなければ選択すべきではありません。
そのため、一般的オフィスではコピー、ファクス、プリンター、スキャナーまで使えるフル機能搭載型のコピー機(複合機)が最も適していると言えます。

コピー機と合わせて使いたい。書類の保存に便利なお勧め商品

ラミネーター一覧
製本機一覧
エセルテ ソーテッドファイル
ページTOPへ