用紙サイズを理解し、コピー変倍、拡大縮小の失敗を減らす

エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス
エーワンカラーコピー機 Gold class
在庫処分セール
OA機器掛け払いサービス
中古コピー機延長保証サービス

用紙サイズを理解し、コピー変倍、拡大縮小の失敗を減らす

用紙サイズを理解し、コピー変倍、拡大縮小の失敗を減らす

コピー機の機能で使う頻度が高く、いつも頭を悩ますのが

そう!「コピー変倍」です。
◎ミスプリントがかさんでいく…

「A3資料→A4サイズに縮小したい」
といった程度ものであれば、コピー機の操作パネルでワンタッチで指定、
コピー変倍ができますが…

「名刺をA4サイズ程度に拡大したい!」
なんていった場合は、それぞれのサイズを理解して、数値を入れて%指定をしなければなりません。
試し、試し、コピーを繰り返したら、とんでもないミスプリントが!?
ちなみに名刺(4号)のサイズは「55×91mm」。
A4サイズは「210×297mm」。
リコー製のコピー機で試してみましたが、
「310%」のコピー変倍指定で、綺麗に拡大ができました。

実際の拡大したいサイズより、少し小さい数値を指定するのが端が切れずに用紙内に収めるポイントです。

リコーコピー機の操作パネルイメージ
リコーコピー機の原稿台イメージ

元原稿のサイズ、拡大したい用紙のサイズを理解する

元の原稿のサイズ、拡大・縮小したい用紙サイズのサイズを理解しておくことが、 コピー変倍の上手に行なうためのポイントです。
今回は、試しコピーで費用がかさまない様、「縮尺率表」「用紙寸歩表」をご用意いたします。
お手元にご用意いただければ、コピー変倍で頭を悩ます時間も短くなるかと思いますので、ご活用いただけましたら幸いです。

縮尺率表(よく使われるものをご紹介)

縮尺率表

用紙サイズ表(定型サイズ)

用紙サイズ表(定型サイズ)

雑誌・書籍などサイズ表

雑誌・書籍などサイズ表

はがき・写真サイズ表

はがき・写真サイズ表

コピー機と合わせて使いたい。書類の保存に便利なお勧め商品

ラミネーター一覧
製本機一覧
エセルテ ソーテッドファイル
ページTOPへ