100万枚の細断テストに耐える 超高耐久業務用シュレッダー

エーワン中古コピー機 他店と違う5つのポイント
業務用シュレッダー
注目のキーワード
マイクロクロスカット
マイクロクロスカットは、細断の仕方はクロスカットと変わりませんが、より細かく細断できるものを、メーカーでマイクロクロスカット、もしくはマイクロカットと呼ぶ。一般的にマイクロクロスカットは、2mm前後の幅でくずを生成するシュレッダーに付けられている。
オートフィードシュレッダー
処理したい用紙をシュレッダーの専用トレイにセットすると、自動で用紙を投入口に送り、細断するシュレッダー。数百枚の用紙をまとめてセットできるので、処理にかける時間を有効活用できる。
オリエンタル
オリエンタルは、群馬県桐生市を拠点に、業務用シュレッダーとして名高い【明〇商会】のシュレッダーの生産・開発を一手に引き受けていた信頼と実績のメーカー。圧倒的な耐久性を備え、同社上位モデルになると100万枚の用紙の細断に耐える仕様になっている。
エーワンの各種サービス
初期動作保証
返品受付
高価買取・引取り
エーワンの営業日
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
当店休業日
プライバシーマーク制度取得
 

業務用シュレッダー研究所

100万枚の細断テストに耐える 超高耐久業務用シュレッダー

オリエンタルのホワイトゴートシュレッダー

今日皆様にご紹介する業務用シュレッダーは、【オリエンタル】というメーカーのシュレッダー。
オフィスで使用する業務用シュレッダーにおいては、圧倒的シェアを誇る【明光商会】が有名です。
実は、今回ご紹介する【オリエンタル】は、明光商会のシュレッダーの開発を一手に引き受けていた製造メーカーなのです。皆様のオフィスで頑丈、長持ちの【明光商会】のシュレッダーは、【オリエンタル】が製造したものなのです。

明光商会シュレッダーの開発を一手に担っていた製造メーカー【オリエンタル】

群馬県桐生市にあるオリエンタルの本社社屋

【オリエンタル】のシュレッダー開発の歴史は長く、55年の実績(2014年現在)を持つ老舗メーカーです。日本で初めてシュレッダーを開発したのも【オリエンタル】です。
【オリエンタル】は、【明光商会】が【オリエンタルによる製造】から、海外生産へ切り替えたタイミングで、今までのシュレッダーの開発技術を活かし、「完全国内生産による高品質」を武器に、自社ブランドを立ち上げ、現在に至ります。

とにかく壊れない、壊れなさすぎのシュレッダー

オリエンタルの国内工場

【オリエンタル】の得意客の一つを挙げると【公官庁】。その品質の高さが買われています。
その品質の高さを維持するために【オリエンタル】がこだわったのが「完全国内生産」。細かな点まで目の届く、品質管理を行うには国内生産が必須です。
今や、オリエンタルのシュレッダーの開発拠点である群馬県桐生市の工場には、長年に渡るシュレッダーの開発のノウハウが膨大に蓄積されています。組立技術、検査能力の精度が極めて高く、「故障率は1%を超えたことが無いとのこと」。
【オリエンタル】のメーカー担当と話をした時、「うちのシュレッダーって全然壊れないんで、お客様が新しいモデルに買い替えてくれないんですよね。」と苦笑いをしていたほど。

二日に一度ゴミ袋を交換するほど細断しても、5年間は持つ耐久性能

100万枚の細断に耐える自慢のカッター

いずれのシュレッダーメーカーも製品を開発する度に、耐久テストを実施します。耐久テストとは、開発したシュレッダーが仕様通り「細断し続けることができるのか」をチェックするもの。

【オリエンタル】の業務用シュレッダーの上位モデルともなると、3.5t分、用紙換算で100万枚を細断し続ける耐久テストを実施し、そのテストに耐える仕様になります。 100万枚と聞いても、ちょっと単位が大きすぎてイメージがしづらいかと思います。
例えば、二日に一度、シュレッダーのチップボックスにセットしたゴミ袋を交換するほど細断しても、「5年間は持つ耐久性能」を備えるシュレッダーということになります。

長く使用するなら、オリエンタルの高耐久業務用シュレッダー

業務用シュレッダーを選ぶ時、ついつい「一度に細断できる枚数」や「チップボックスのサイズ」など、シュレッダーの基本スペックに目が行きがちですが、商品価値の本質とも言える「耐久性」に、ぜひ注目していただきたいのです。
今回のような「故障率」、「耐久性能」を明示しているメーカーは中々ないでしょうが、それらを明かす【オリエンタル】というメーカーはそれほど品質に自信を持っているということ。

【オリエンタル】の業務用シュレッダーは、当店取扱いのシュレッダーの中では、お値段が張るほうですが、かなり長持ちするので、お値段以上の価値が絶対にあります。
業務用シュレッダーの導入を検討する際は、新しく【オリエンタル】を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

10万円以下で導入できるエントリーモデル オリエンタル ホワイトゴートシュレッダー DL2201-c
100万枚の細断に耐える上位モデル オリエンタル ホワイトゴートシュレッダー DH3105-fc

10万円以下で導入できるエントリーモデル オリエンタル ホワイトゴートシュレッダー DL2201-c

100万枚の細断に耐える上位モデル オリエンタル ホワイトゴートシュレッダー DH3105-fc

超寿命・高耐久 オリエンタルシュレッダー

業務用シュレッダー 研究レポート分類

オフィスハードウェアエーワン
  •  古物商許可番号 東京 第307750206670
  •  古物商許可番号 大阪 第621131900207
  •  産業廃棄物収集運搬許可番号東京 第13-00-120064
  •  高度管理医療機器等販売賃貸業許可番号東京 第4501221100006
c 2007-2017 A1 Co.,Ltd.