失敗しない中古コピー機・FAXの選び方

エーワン中古コピー機 他店と違う5つのポイント
年末年始休業のご案内
コピー機少女 フェアリーC
エーワンの営業日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
当店休業日
プライバシーマーク制度取得
 

中古コピー機、中古複合機
中古ファックスの選び方

購入前にここだけは必ず確認!中古コピー機、
中古複合機、中古ファックス購入前のチェックポイント

なぜ多くのお客さまが中古コピー機/中古複合機や中古ファックスの購入に頭を悩ますかというと、商品状態の案内がどの店舗も不足しているからです。
そこで、中古コピー機/中古複合機や中古ファックスを購入する際に非常に重要となるポイントをご案内します。

中古OA機器購入前チェックの様子

中古コピー機・業務用ファックス編 購入前チェック

「カウンタ枚数(使用頻度)」について

カウンタ枚数とは、コピー機/複合機、業務用ファックスの印刷枚数を表し、商品状態を端的に示すものになります。例えば【カウンタ】枚数が【5500】であれば、過去に【5500】枚が印刷されたコピー機ということです。
つまり、【カウンタ】の数が少ない機器ほど、商品状態が良い中古コピー機/中古複合機、中古業務用ファックスとなります。
しかし、多くの中古OA機器取扱い店では【カウンタ】を掲載していないため、【カウンタ】枚数が少ないものを選んで購入することが難しい状況にあります。

矢印

CheckPoint1に対する当店の取組み

当店はお客さまにご納得いただき、中古コピー機/中古複合機、中古業務用ファックスをお買い求めいただけるよう、商品案内ページには、コピー機/複合機、業務用ファックスの【カウンタ】枚数を掲載しています。

中古コピー機/中古複合機・中古業務用ファックス カウンタの確認、カウンタ情報掲載までの流れ

エーワンの中古カラーコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古モノクロコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古業務用ファックスはコチラ

「過去の利用者のデータを消去しているか」について

中古コピー機/中古複合機や中古業務用ファックスには、過去の利用者の情報が保存されています。
そのため、過去の情報が残ったままの中古コピー機/中古複合機、中古業務用ファックスを利用すると、思わぬトラブルが発生します。例えば、機器のアドレス帳に古いデータが残った状態でファックス送信してしまい、関係のない企業に知らぬ間に機密情報が送られていたなんてことも…
コピー機のデータ消去は専門的な技術を要するため、誰でも実施できるものではありません。しかし、コピー機のデータ消去は、中古OA機器を取り扱うお店は必ず行わなければならないものなのです。

矢印

CheckPoint2に対する当店の取組み

当店は、専任の担当者が必ず利用者データを消去した上で、中古コピー機/中古複合機・中古業務用ファックスのご紹介・販売をしていますので、ご安心ください。
当店は、創業以来累計数十万台のコピー機、ファックスを取り扱っているため、データ消去に関する技術・ノウハウが豊富なのです。

エーワンの中古カラーコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古モノクロコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古業務用ファックスはコチラ

中古コピー機/中古複合機のデータ消去の様子

コラム 再資源化用コピー機もデータ消去しています

当店では、一般販売できない再資源化用コピー機についても、当社のコンプライアンスに従い、必ずデータを消去しています。

「給紙(用紙送り)のチェック、整備をしているか」について

給紙のチェックとその整備を怠ると、購入後に紙詰まりが頻繁に発生し、まともにコピー機が利用できません。

矢印

CheckPoint3に対する当店の取組み

各給紙カセットから手差しに至るまで、各部数十回にわたりスムーズに紙送りが行われるかチェックします。問題がある場合は、給紙ローラーと言われる部品を交換または、新品同様の状態にまで整備し、万全を期して販売をしております。

エーワンの中古カラーコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古モノクロコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古業務用ファックスはコチラ

中古コピー機の紙送りの整備の様子
「印字のチェック、調整をしているか」について

印字のチェックとその調整を怠ると、印刷物に無用なラインが入ったり、かすれてしまったりと、見苦しい資料ばかりが印刷されてしまうことになります。

矢印

CheckPoint4に対する当店の取組み

印字確認専用のテストチャートや当店オリジナルテストチャートを用い、印字のかすれがないか、余白が適正かをチェックを行い、整備をします。また、カラーコピー機であれば、4色のトナー、一色ずつテスト印刷をし、品質チェックを行います。
画質関係の調整については、特殊な技術と経験を要するため、難しい作業となります。
どうしても印字の不具合が解消されない場合は、その旨を商品ページでご案内し、印字品質を気になさらないお客さまに向けに、特価品としてご案内するケースがあります。

エーワンの中古カラーコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古モノクロコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古業務用ファックスはコチラ

中古コピー機の印字品質の検品・整備の様子
「商品保証がついているか」について

今まで快適に動いていた中古コピー機/複合機、中古業務用ファックスが、突然動かない、印刷できない。商品保証がない中古コピー機/中古複合機、中古業務用ファックスを購入したから仕方がないと、皆様諦められるでしょうか。高い修理費用をお支払いいただけますでしょうか。

矢印

CheckPoint5に対する当店の取組み

当店の中古コピー機/中古複合機、中古業務用ファックスには全て「初期動作保証」がついております。保証期間内にお買い求めの中古コピー機/中古複合機、中古業務用ファックスに不具合が発生した場合、交換、返品・返金にてご対応いたします。

エーワンの中古カラーコピー機はコチラ

エーワンの中古モノクロコピー機はコチラ

エーワンの中古業務用ファックスはコチラ

当店では、上記以外にも数十箇所にわたり、
コピー機/複合機、業務用ファックスの検品・整備を行っております。

下記にて、当店のコピー機/複合機、業務用ファックスの検品・整備の様子を
ダイジェストご紹介しております。

当店の中古コピー機/中古複合機
「検品・整備」のご紹介

当店では、独自の品質管理制度を設け、厳しい品質基準をクリアした中古コピー機/中古複合機のみを販売しています。
そこで、当店の中古コピー機の検品・整備の様子を、写真を使い、ダイジェストでご紹介します。

中古コピー機の状態を確認している様子

コピー機の状態を確認し、どこを整備すべきか目安をつける。
合わせて個人情報が完全削除されているか一項目づつ確認する。

中古コピー機の印字状態を確認している様子

テストチャートを使い、印字状態や色の再現性などを確認する。
技術者の経験がもの言う検品項目。

中古コピー機のガラス台内部をクリーニングしている様子

ドラムの状態を確認。印字状態を確認し、ドラムに問題があった場合は、交換する。

中古コピー機の状態を確認している様子

ガラス台内部のクリーニング。これを怠るだけで印字障害につながる非常に重要な整備項目の一つ。

中古コピー機のネットワーク接続を確認している様子

ネットワークボードを搭載したコピー機は、ネットワークの接続テストを行う。故障は少ないが必ずチェックする。

中古コピー機の各段の給紙カセットから紙送りの確認をしている様子

給紙カセットに紙を入れ、各段の給紙カセット全てから、紙送りがスムーズかチェック。

中古コピー機の自動原稿読取装置の紙送りを確認している様子

自動原稿読取装置の紙送りと読み取り精度を確認。数十回繰り返し読み取りをさせます。

中古コピー機の給紙ローラーを整備している様子

給紙ローラーのクリーニング。これを怠ると紙詰まりの大きな原因になる、重要な整備項目の一つ。

中古コピー機の整備状況を最終確認している様子

最終チェック!整備項目を一つ一つ再確認していきます。
最後に筐体の外側をクリーニング、梱包し、販売する。

エーワンの中古カラーコピー機/複合機はコチラ

エーワンの中古モノクロコピー機/複合機はコチラ

中古OA機器のご相談 TEL:0120-565-528

中古OA機器の選び方 コンテンツメニュー

オフィスハードウェアエーワン
  •  古物商許可番号 東京 第307750206670
  •  古物商許可番号 大阪 第621131900207
  •  産業廃棄物収集運搬許可番号東京 第13-00-120064
  •  高度管理医療機器等販売賃貸業許可番号東京 第4501221100006
c 2007-2017 A1 Co.,Ltd.