仕事で使うなら、家庭用インクジェット複合機より、断然業務用ファックス

エーワン中古コピー機 他店と違う5つのポイント
コピー機少女 フェアリーC
エーワンの営業日
2017年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
当店休業日
プライバシーマーク制度取得
 
  • TOP
  • >
  • 業務用ファックスの上手な選び方

FAXなら断然!業務用FAX 業務用FAXの上手な選び方

カラリオ(エプソン)、ピクサス(キヤノン)、マイミーオ(ブラザー)などの、家庭用インクジェットプリンターの多機能化が進み、オフィスのFAX業務を、家庭用プリンターで代替してしまう方を見受けます。 しかし、聞こえてくる声は、どれも不満の声。


「インクがすぐ切れる」
「すぐに紙詰まりを起こす」
「用紙切れをよく起こす」

などなど…
本ページでは、FAXの導入で皆様が後悔しないよう、業務用途に適した、業務用FAXの上手な選び方をご案内します。

その1 印刷コストが違う

・家庭用インクジェットプリンター
   2万円前後(6円/枚 程度)

・業務用FAX(トナー)
   1万円前後(3円/枚 程度)

 (3,000枚印刷でコスト換算)

【結論】
FAXもコピーも満遍なく使用するなら
印刷コストが安い、業務用FAX!

価格比較サイトの商品レビューでよく目にするのが、家庭用インクジェットプリンターのインク切れの速さと、あまりに高い交換インクを嘆く書き込み。 もちろん機種により差はありますが、業務でコピーもFAXも満遍なく利用するのであれば、一般的に業務用FAXの方が印刷コストを安くおさえることができます。

コスト削減できる中古業務用FAXを取り扱っております

印刷コストの違い

※上記比較は、家庭用インクジェットプリンターの交換用インクと業務用FAXの交換用トナー(リサイクル品)の価格相場から当社独自で算出したものとなります。

その2.FAXの電送速度が違う

・家庭用インクジェットプリンター
   7秒前後

・業務用FAX(トナー)
   最速2秒前後

【結論】
通信コストを抑えるなら、業務用FAX!

ほぼ全ての業務用FAXが、Super G3というFAX規格に対応しているため、FAXの電送は最速2秒で終了。つまり、業務用FAXなら、通信費(電話代)を安く抑えることができるのです。

通信速度が速い中古業務用FAXを取り扱っております

電送速度の違い

※家庭用インクジェットプリンターの一部上位機種では、Super G3規格に対応しているものがあります。

その3.送受信出来るサイズが違う

・家庭用インクジェットプリンター
   A4対応までのものがほとんど

・業務用FAX
   B4やA3対応可能なものが多い

【結論】
業務内容を考えて選ぼう!
A3送信の方が業務効率が上がることも

チラシやPOPデザインの修正指示など、ビジネスシーンでは、FAXでやり取りをする用紙のバリエーションが非常に多くなります。 業務用FAXの多くが、B4やA3に対応していますので、無駄に用紙を使うことなく、経済的かつ、円滑に情報の共有が可能です。

A3サイズ対応中古業務用FAXを取り扱っております

送受信出来るサイズの違い

その4.一斉送信(同報送信)件数が違う

・家庭用インクジェットプリンター
   多くて50件程度

・業務用FAX
   200件前後

【結論】
送信件数が多いなら、
圧倒的に効率がいい業務用FAX!

一斉送信とは、一度の読み取りで複数の宛先に順次FAXを送信する機能。 多数の顧客リストに、効率よく、開店案内や販促広告を送るなら、一斉送信の件数が格段に多い業務用FAXで決まりです。

一斉送信件数が多い中古業務用FAXを取り扱っております

一斉送信件数の違い

その5.一度にセットできる用紙枚数が違う

・家庭用インクジェットプリンター
   200枚前後

・業務用FAX
   500枚〜

【結論】
用紙の補充作業から
開放されたい方は業務用FAX!

大量にFAXを送信したり、コピー印刷でも使用するとなると、断然用紙のセット枚数が多い方がいい!面倒な用紙の補充作業やプリント作業の遅延が激減します。

給紙可能枚数が多い中古業務用FAXを取り扱っております

セットできる用紙枚数が違い

その6.耐久性が違う

・家庭用インクジェットプリンター
   大量印刷すると紙詰まりを起こすことが多い

・業務用FAX
   家庭用に比べると格段に紙詰まりのトラブルが
   少ない

【結論】
長く、たくさん使用する方は
業務用FAX!

毎日数枚程度の利用であれば、さほど耐久性を気にする必要がありませんが、業務用途で何十枚、何百枚と使用し続けるのであれば、紙詰まりや機器トラブルの発生度合いは変わってきます。 業務使用で設計されている業務用FAXは耐久性抜群。長く、たくさん使用するのであれば選択肢は自ずと決まってきます。

高耐久の中古業務用FAXを取り扱っております

耐久性が違い

※上記比較は、当社独自で調査した内容であり、メーカーや市場の見解と異なる場合がございます。

印字方式で選ぶ

インクジェット方式の特徴 ×

  • 交換用インクが安い(数千円程度)
  • × 染料系のインクだと字の滲みや紙がしなったりす
       る
  • × 刷れる枚数が少ない(数百枚程度)
  • × 印字スピードが遅い

微粒子状のインクを射出して用紙に印字します。顔料系のインクであれば、滲みにくく、普通紙印刷に適しています。

インクジェット方式

レーザー方式の特徴 ×

  • 刷れる枚数が多い(数千枚は刷れる)
  • 滲みもなく、紙もしならないので、印字がクリア
  • 印刷スピードが速い
  • × 交換用トナーが高い(1万円程度)

レーザーを感光体に照射することでトナーを転写し、熱などで用紙に定着させて印字します。

レーザー方式

【結論】 日に10枚以上の使用なら、レーザー方式がお得!

日に10枚程度の使用であれば、交換用のインク代も安い、インクジェット方式がおススメ。 逆に、日に10枚以上の出力は確実で、使用頻度が多いのであれば、レーザー方式をおススメします。

インクジェット方式の業務用FAXはコチラ

レーザー方式の業務用FAXはコチラ

送信サイズで選ぶ

FAX送信できる用紙サイズが機種により異なります。大きく分けるとB4以下か、A3対応まで対応できるものとなります。 オフィスでは、様々な用紙サイズの資料やチラシが作成されます。今だけでなく、今後の業務内容も考えて、どのサイズまで対応可能であればいいかで、選んでみてはいかがでしょう

【結論】
A3送信対応の業務用FAXの方が
情報共有がスムーズ

B4以下のFAX送信が可能な業務用FAXはコチラ

A3までFAX送信可能な業務用FAXはコチラ

送信サイズで選ぶ

担当者コラム
チラシやWEBページ制作の依頼で、外部業者さんとデザインや構成のやり取りをする際、業者さんの提出データをA3用紙で出力し、赤字を入れて、FAXで戻すことが多かったです。 A4サイズに縮小してやり取りをしてしまうと、文字がつぶれていて、指摘箇所が分かりにくくなり、業者さんに差し戻しをする機会が多くなってしまったことを覚えています。

原稿台付きのものを選ぶ

  • 様々な用紙サイズの読み取りやブックコピーが
        可能
  • × 筐体サイズがちょっと大きくなる

【結論】
定型サイズ外のコピーをするのなら、原稿台付き業務用FAXを選ぼう!


原稿台付きであれば、免許証や領収書、本の見開きページなど、様々なサイズのものを原稿台に置いて、読み取ることができます。 すでにコピー機があるのであれば必要ありませんが、様々な用紙が飛び交うオフィスでは、原稿台付きという選択肢もありではないでしょうか。

原稿台付き業務用FAXはコチラ

原稿台付きFAX

コピー機/複合機を選ぶという選択肢

  • ○ 多機能
    (カラースキャナー、データのPDF化、タブレット、スマホとの連携etc…)
  • × 業務用FAXに比べると若干高価


【結論】
事務機器としてではなく、営業支援のツールとして考えるなら、
多機能なコピー機を選ぼう!


10万円以下でコピー、FAXはもちろん、スキャナ、プリンタまで搭載されたコピー機(複合機)を当店はご用意できます。 紙資料の電子化、コピー機を介した社内データの共有など、コピー機であれば、できることの幅が格段に広がり、業務効率の改善はもちろん、営業支援も可能なツールになります。業務拡大も視野に入れ、コピー機(複合機)を導入するという選択肢もあります。

カラーコピー機(複合機)はコチラ

モノクロコピー機(複合機)はコチラ

コピー機/複合機

まだ選べないという方は! 当店一押し業務用FAXを選ぼう

リコー RIFAX ML4700

ムラテック V-680 1段カセット 業務用ファックス【中古】商品詳細ページへ

ムラテック F-390

NTT OFISTAR B4000商品詳細ページへ

中古機器の導入に足踏みをされているお客さまもいらっしゃることと思います。
しかし、ご安心ください。当店では、他店に真似できない、厳格な品質基準で、中古業務用FAXを徹底的に検品・整備をしています。 数十万もする新品業務用FAXと同等レベルの、良品中古業務用FAXを当店であれば、驚くほど安価に導入可能です。

数十項目にわたる厳格な品質管理

当店では、20年にもわたる業務用FAXの取り扱いを通じて、メーカー、商品ブランド個々の機器特性を正確に把握した上で、当社独自の厳格な品質管理制度を設けています。
コピー機においては、数十の検品項目を体系化し、無駄なく、正確な機器の整備を実施しています。

数十項目にわたる厳格な品質管理

商品状態の写真を掲載

お客さまにご納得いただき、当店の業務用FAXの導入いただけるよう、商品状態を詳細に掲載したり、機器の写真点数を多く掲載したりするように努めています。 例えば、当店では、機器の使用頻度の指標となる、カウンタ表示を必ず掲載しています。 多くの業務用FAXの販売店では、このカウンタを表示せずに、商品を掲載しております。

商品状態の写真
インクジェット方式業務用FAX

インクジェット方式業務用FAXはコチラ

  A3送信可能業務用FAX

A3送信可能業務用FAXはコチラ

  原稿台付き業務用FAX

原稿台付き業務用FAXはコチラ

レーザー方式業務用FAX

レーザー方式業務用FAXはコチラ

  B4以下送信可能業務用FAX

B4以下送信可能業務用FAXはコチラ

  コピー機/複合機

コピー機/複合機はコチラ

オフィスハードウェアエーワン
  •  古物商許可番号 東京 第307750206670
  •  古物商許可番号 大阪 第621131900207
  •  産業廃棄物収集運搬許可番号東京 第13-00-120064
  •  高度管理医療機器等販売賃貸業許可番号東京 第4501221100006
c 2007-2017 A1 Co.,Ltd.