業務用シュレッダーの定格時間って? 定格時間が『連続』って何?

エーワン中古コピー機 他店と違う5つのポイント
業務用シュレッダー
注目のキーワード
マイクロクロスカット
マイクロクロスカットは、細断の仕方はクロスカットと変わりませんが、より細かく細断できるものを、メーカーでマイクロクロスカット、もしくはマイクロカットと呼ぶ。一般的にマイクロクロスカットは、2mm前後の幅でくずを生成するシュレッダーに付けられている。
オートフィードシュレッダー
処理したい用紙をシュレッダーの専用トレイにセットすると、自動で用紙を投入口に送り、細断するシュレッダー。数百枚の用紙をまとめてセットできるので、処理にかける時間を有効活用できる。
オリエンタル
オリエンタルは、群馬県桐生市を拠点に、業務用シュレッダーとして名高い【明〇商会】のシュレッダーの生産・開発を一手に引き受けていた信頼と実績のメーカー。圧倒的な耐久性を備え、同社上位モデルになると100万枚の用紙の細断に耐える仕様になっている。
エーワンの各種サービス
初期動作保証
返品受付
高価買取・引取り
エーワンの営業日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
当店休業日
プライバシーマーク制度取得
 

業務用シュレッダー研究所

業務用シュレッダーの定格時間って? 定格時間が『連続』って何?

オフィスで使う業務用シュレッダーを選ぶ際に、仕様表で注目してもらいたい項目が【定格時間】です。
【定格時間】とは、電気用品安全法に基づく技術基準の一つで、法令で定められた温度限度基準内で機械が運転し続けることができる時間のことです。
簡単にお伝えすると【定格時間】は、機械が事故や故障が起こさずに、安全に使用できる基準の一つです。

シュレッダーの定格時間とは、紙を連続で処理し続けることができる時間

業務用シュレッダーにおける【定格時間】とは、事故を起こさずに安全に紙を連続で処理し続けることができる時間の目安となります。
例えば、業務用シュレッダーの仕様表の【定格時間】に『10分』と記載があれば、10分間は紙を細断し続けることができるということです。
【定格時間】を超えて使用してしまうと、シュレッダー内のモーターが熱を帯びて(設定温度に達する)センサーが反応し、シュレッダーが止まります。シュレッダーが安全に使用できる温度までモーターの熱が下がらないとシュレッダーは使用できません。
また毎回、定格時間を超えて使用することは、シュレッダーの故障の原因になるため、オフィスで使用する業務用シュレッダーとなると【定格時間】をスタッフで共有しておく必要があるでしょう。

業務用シュレッダーで連続処理している様子

定格時間『連続』は、連続で処理し続けることができるタフな業務用シュレッダー

業務用シュレッダーの仕様表を見ると【定格時間】に『連続』と記載されているシュレッダーを見かけます。
この記載があるシュレッダーは、『連続で紙を細断し続けることができる』業務用シュレッダーとなります。
ただし『連続』で処理ができると言っても、24時間動きっぱなしで処理をし続けることができるということではないそうです。

この件について、シュレッダーメーカーのアコ・ブランズ・ジャパンに確認しました。
シュレッダーでずっと処理をし続けると、細断くずがチップボックスに溜まり続け、いずれゴミ袋を交換する時期になります。
【定格時間】が『連続』の業務用シュレッダーは、出力が高いモーターを採用しているため、ゴミ袋を交換する作業時間内で熱を帯びたモーターが冷却できてしまうので、新しいゴミ袋にをセットした頃には、そのまま処理を再開できます。
この理屈により『連続で紙を細断し続けることができる』業務用シュレッダーということになるそうです。

業務用シュレッダーの仕様表の項目、定格時間『連続』の表記例

【定格時間】が『連続』の業務用シュレッダー

溜まりに溜まった書類を一気に処理するなら、断然【定格時間】が『連続』の業務用シュレッダーがおすすめ

溜まりに溜まった書類を一気に処理するエーワンスタッフ

冬の大掃除の時期や異動時期になると資料の整理がはじまり、大量の書類が処理され、シュレッダーが常時稼働する時期があります。そんな使用シーンにうってつけなのが、この【定格時間】が『連続』の業務用シュレッダーです。
また、オフィス用のシュレッダーですと複数人で共用することがほとんど。安全に故障なくシュレッダーを使い続けるのであれば、前述の通り、スタッフに【定格時間】を共有しておく必要がありますが、現実的には難しいでしょう。そんな状況でも【定格時間】が『連続』の業務用シュレッダーであれば、時間を気にせずサクサク処理し続けることができるので故障の心配がなく安心です。

【定格時間】が『連続』の業務用シュレッダーは、筐体サイズが少し大きくなります。
大きい分、一度に細断できる枚数が多いパワフルな仕様で、くずもたくさん収容できます。さらに『連続】で処理ができるわけです。
これぞ業務用シュレッダーと言える使用感で、本当に処理がはかどるのでおススメです。
ぜひ、業務用シュレッダーをお選びする際は、仕様表の【定格時間】をチェックしてください。

【定格時間】が30分以上または『連続』の中古業務用シュレッダー

【定格時間】が20分以上または『連続』の新品業務用シュレッダー

業務用シュレッダー 研究レポート分類

オフィスハードウェアエーワン
  •  古物商許可番号 東京 第307750206670
  •  古物商許可番号 大阪 第621131900207
  •  産業廃棄物収集運搬許可番号東京 第13-00-120064
  •  高度管理医療機器等販売賃貸業許可番号東京 第4501221100006
c 2007-2017 A1 Co.,Ltd.