業務用シュレッダーの細断方式まとめ

エーワン中古コピー機 他店と違う5つのポイント
業務用シュレッダー
注目のキーワード
マイクロクロスカット
マイクロクロスカットは、細断の仕方はクロスカットと変わりませんが、より細かく細断できるものを、メーカーでマイクロクロスカット、もしくはマイクロカットと呼ぶ。一般的にマイクロクロスカットは、2mm前後の幅でくずを生成するシュレッダーに付けられている。
オートフィードシュレッダー
処理したい用紙をシュレッダーの専用トレイにセットすると、自動で用紙を投入口に送り、細断するシュレッダー。数百枚の用紙をまとめてセットできるので、処理にかける時間を有効活用できる。
オリエンタル
オリエンタルは、群馬県桐生市を拠点に、業務用シュレッダーとして名高い【明〇商会】のシュレッダーの生産・開発を一手に引き受けていた信頼と実績のメーカー。圧倒的な耐久性を備え、同社上位モデルになると100万枚の用紙の細断に耐える仕様になっている。
エーワンの各種サービス
初期動作保証
返品受付
高価買取・引取り
エーワンの営業日
2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
当店休業日
プライバシーマーク制度取得
 

業務用シュレッダー研究所

業務用シュレッダーの細断方式まとめ

業務用シュレッダーの細断方式まとめ

細断方式とは、紙をカットする方法のことです。縦方向にカットするだけの細断方式と、縦切りと横切り両方を行うのとでは、文字の判読率に大きな差が出ます。つまり、細断方式を知ることは、オフィスで使用する業務用シュレッダーを導入する際に重要なポイントになります。

さらに重要なのは、細断幅。例え、縦切りと横切り両方を行ったとしても、7mm幅で細断したものと、3mm幅で細断したものとでは、同じように文字の判読率が全く違います。
オフィスで使用する業務用シュレッダーを選ぶ際は、細断方式と細断幅は、重要なポイントになると言えるでしょう。

業務用シュレッダーに採用される主な細断方式

クロスカット −オフィスシュレッダーの最もスタンダードな細断方式
業務用シュレッダーの細断方式 クロスカット

クロスカットは、最も多くのシュレッダーに採用されている細断方式です。
縦切りのみのストレートカットに、一定間隔、もしくは同時に横切りも行うのがクロスカットです。
縦に加え、横にもカットするため、ストレートカットに比べ、格段に細断くずが判読しにくくなりますが、それでも万全とは言い難いです。
個人情報、経営数字、図面などの機密書類を多く扱うオフィス、部署は、最低4mm幅以下のもの、もしくはさらに細かく細断する【マイクロクロスカット】を細断方式に採用するシュレッダーをお選びいただいた方が良いでしょう。

今、おススメのクロスカットシュレッダー【コクヨ MS-V4310CF】

スパイラルカット −明光商会の大型シュレッダーに多く採用されている細断方式
業務用シュレッダーの細断方式 スパイラルカット

スパイラルカットとは、明光商会シュレッダーの細断方式で使われる用語です。
縦切りをする刃と、横切りにする刃を上下別に備え、縦切りしたくずを、構造上、下に位置するスパイラルカッターでさらに横切りを行う細断方式。細断の仕方が違うだけで、横切りをすることで判読をしにくくしているという点では、クロスカットと変わりはありません。
細断くずの形に特徴があり、正方形に近い形でくずが生成されます。
明光商会のシュレッダーラインナップの中では、大量細断を行うタイプやCDやDVDなどのメディア類の細断も一緒にできるタイプのシュレッダーに採用されることが多い細断方式です。

スパイラルカットを採用しているオリエンタル ホワイトゴートシュレッダー DH4000-fp

マイクロクロスカット −近年主流になりつつある、高セキュリティシュレッダーの決定版
業務用シュレッダーの細断方式 マイクロクロスカット

マイクロクロスカットは、細断の仕方はクロスカットと変わりませんが、より細かく細断できるものを、メーカーでマイクロクロスカット、もしくはマイクロカットと呼んでいます。
一般的にマイクロクロスカットの名称は、2mm前後の幅でくずを生成するシュレッダーに付けられます。
メーカーにより微妙に細断幅は異なりますが、より細かいものになると【2mm×6mm幅にカットできるシュレッダー】もあり、まるで粉雪と思えるほどのくずの細かさです。
情報漏えいのリスクを考えると、個人情報、経営数字、図面などの機密書類を多く扱う部署は、間違いなくマイクロクロスカットを採用したシュレッダーを導入された方がよろしいでしょう。

マイクロクロスカットを採用している高セキュリティシュレッダー

ストレートカット −古(いにしえ)の細断方式。ただ切れればいいという方であれば…
業務用シュレッダーの細断方式 ストレートカット

ストレートカットは、縦方向にソバ状に細断するだけの細断方式です。シンプルな仕組みなため、安価なシュレッダーに採用されることが多い細断方式です。
生成される細断くずを手に取ると分かりますが、くず同士をつなぎ合わせることが容易なためセキュリティは高くありません。またくずが大きく、かさばるため、シュレッダーのくずの収容能力も低くなります。
オフィスで使用する業務用シュレッダーとしてはおすすめできない細断方式ですが、単純に大量に細断できればいい、くずを梱包材に再利用したい、といったニーズには充足する細断方式です。

業務用シュレッダー 研究レポート分類

オフィスハードウェアエーワン
  •  古物商許可番号 東京 第307750206670
  •  古物商許可番号 大阪 第621131900207
  •  産業廃棄物収集運搬許可番号東京 第13-00-120064
  •  高度管理医療機器等販売賃貸業許可番号東京 第4501221100006
c 2007-2017 A1 Co.,Ltd.